ホワイトニングの方法

Posted on 2017.10.15 By

病院で行うオフィスホワイトニングというのはいくつかの方法があります。基本的には厚生労働省で認められている薬剤を使っている病院が多いですが、まだ日本未承認というものを使っているというケースもあります。そこでホワイトニングを受ける前にどのような方法で行うのかということを念のため確認するようにしましょう。

一般的にオフィスホワイトニングとして病院で行うことが認められているホワイトニングにはいくつかの種類があります。例えば、歯の清掃や歯茎の保護材の塗布、ホワイトニング罪の塗布、LEDライトの照射、薬剤の塗布と商社の繰り返し、歯の研磨といったことが行われることが行われているところがほとんどです。

また、薬剤には過酸化物が入っているものが使われています。これはホームホワイトニングでは使われないもので、歯の色素を科学的に分解してくれるものです。歯の表面の汚れを取り除くのではなく歯の色そのものを漂白してくれる効果があります。過酸化物を基本としてそれ以外に触媒となるものを混ぜ合わせてホワイトニングの薬剤は作られています。

過酸化物はフリーラジカルを発生させて歯の色素を分解していますが、フリーラジカルは光をあてたり温度を上げたりしても多く発生するため、薬剤を塗布するだけでなくライトの照射をするという方法も取られるのです。

未分類